銘菓・特産品

逸口香

2012年1月14日(更新日)

このお菓子は、中国より伝来したといわれており、見た目は普通の焼饅頭に見えるが食べると中が中空状で香ばしい外皮に黒砂糖が張り付いて上品な美味しさを醸し出しています。 市内の2店舗は頑なに一個、一個手づくりの伝統を守り続ける名店です。 【お問い ...つづきを読む

うれしの茶

2012年1月14日(更新日)

茶葉が一枚一枚丸いため、玉緑茶(グリ茶)と呼ばれ、「蒸製玉緑茶」と「釜炒製玉緑茶」があります。 江戸時代、長崎から海外へ輸出し、その利益が坂本龍馬や大隈重信の活動資金になったと言われ、近代日本の夜明けにうれしの茶が一躍かったと伝えられていま ...つづきを読む

観光情報

日本三大美肌の湯「嬉野温泉」

2012年1月14日(更新日)

西九州随一の温泉地で泉質はトロトロ感が特徴の、ナトリウムを多く含む重曹泉です。 このお湯は角質化した皮膚をなめらかにし、みずみずしい肌をよみがえらせます。 また、このお湯を使った「嬉野温泉湯どうふ」はトロトロ、フワフワ感が絶妙です。

重要伝統的建造物群保存地区「塩田津」

2012年1月14日(更新日)

長崎街道の宿場町で川港もある塩田津は交通の要衝でした。 今も残る江戸時代の「居蔵屋」や古い商家の町並み、様々な仁王像やえびす像などの石造物などが見どころです。 またガイドも充実していて観光客のみならず建築家などの専門家にも対応しています。

祭り・イベント

新年へのカウントダウン 2015年のお正月(嬉野温泉)

2014年12月16日(更新日)

嬉野温泉にご宿泊のお客様、地元住民と一緒にゆく年くる年を、過ごしませんか? 「除夜の鐘打」・「新年へのカウントダウン」・「初詣」・「初湯」・「日本一早い初売」・「初日の出ご来迎」などで、楽します。 また、「温泉湯どうふ」・「温泉蒸し」・「甘 ...つづきを読む

体験・見学スポット

公衆浴場「シーボルトの湯」

2012年1月14日(更新日)

観光客や住民に親しまれてきた「古湯温泉」を大正時代に建築された当時の姿を再現し、平成22年に「シーボルトの湯」として生まれ変わりました。 段差の少ない多目的浴室、車イスでの利用も可能な浴室などバリアフリー化しています。

嬉野市志田焼の里博物館

2012年1月14日(更新日)

同一敷地内で陶土づくりから焼成まで一貫生産していた全国でも珍しい工場を博物館として蘇らせました。 日本最大規模の単窯も見ものです。 また女性に人気のランプシェードづくりやロクロなどの体験もできます。