うれしの茶

茶葉が一枚一枚丸いため、玉緑茶(グリ茶)と呼ばれ、「蒸製玉緑茶」と「釜炒製玉緑茶」があります。
江戸時代、長崎から海外へ輸出し、その利益が坂本龍馬や大隈重信の活動資金になったと言われ、近代日本の夜明けにうれしの茶が一躍かったと伝えられています。

【場所(住所/会場)】
佐賀県嬉野市を中心に佐賀県、長崎県の一部で生産

【お問い合わせ】
(社)嬉野温泉観光協会 0954-43-0137

【URL】
http://kankou.spa-u.net/

うれしの茶

「うれしの茶」の関連記事

| 次の記事【】>