市民生活プラザ 日本遺産「砂糖文化を広めた長崎街道~シュガーロード~」パネル展

期間/開催日時:常設

鎖国時代、西洋との窓口であった出島に陸揚げされた砂糖は、小倉へと続く長崎街道により運ばれました。このことから長崎街道は「シュガーロード」とも呼ばれ、沿線のあちらこちらに砂糖文化が今も残っています。そのストーリーは、令和2年度「砂糖文化を広めた長崎街道~シュガーロード~」として文化庁より認定をいただきました。

今回、長崎市では日本遺産認定を記念して、企画展を開催します。

ぜひこの機会に、シュガーロードの歴史を感じ、長崎の街を散策してみませんか?

【場所(住所/会場)】
市民生活プラザ(長崎県長崎市築町3−18 メルカ築町5階)

【お問い合わせ】
長崎市商工振興課 095-829-1150

市民生活プラザ 日本遺産「砂糖文化を広めた長崎街道~シュガーロード~」パネル展
市民生活プラザ 日本遺産「砂糖文化を広めた長崎街道~シュガーロード~」パネル展

「市民生活プラザ 日本遺産「砂糖文化を広めた長崎街道~シュガーロード~」パネル展」の関連記事

<前の記事【】 | 次の記事【】>