2016シュガーロード長崎スイーツコンテスト子どもデザインの部結果発表!!

砂糖文化発祥の地である長崎の新しいスイーツを生み出すコンテスト、「2016シュガーロード長崎スイーツコンテスト」を開催しました。

子どもデザインの部では長崎市内の小学生に長崎の特産品を使った、長崎やシュガーロードをイメージしたスイーツを考えてもらいました。応募総数188枚から選ばれた10作品を紹介します!ユニークで楽しいスイーツのデザインをご覧ください。

★子どもデザインの部★

長崎市長賞
『なんだかくろいが、とってもさくさくきになるシュー』 田口 椋琥(西北小2年)

シュー生地には軍艦島をイメージしたスミを使い、シューの中には長崎らしい、びわ、みかん、いちごのクリームと実が入っています。

シュガーロード賞
『長崎ペーロンタルト』 溝田 亜佳沙(稲佐小 5年)

長崎の夏の風物詩「ペーロン」をモチーフに、5種類のクリームが入ったタルトです。

長崎商工会議所女性会長賞
『愛いっぱい長崎タルト!!』 嶋本 紗良(土井首小6年)

タルトの中心に長崎市の花”あじさい”のクッキーを乗せました。他にも長崎の特産品のフルーツがたくさん入っています。

優秀賞
『コッコデショケーキ』 松井 茜(虹が丘小5年)

大好きな長崎の食べ物を集めて、おくんちのコッコデショのケーキを考えました。

『ドラゴンパフェ』 稲吉 更紗(西北小4年)

長崎くんちの龍踊りを表現しました。長崎で採れたフルーツを使って長崎らしいスイーツにしました。

『ビスケットから生まれたカステラ出島』 菊地 大翼(矢上小2年)

ビスケットから出島の形のカステラやたくさんのお菓子が生まれるデザインを考えました。

『長崎の世界遺産ケーキ』 田原 蒼馬(ちびっこルーム「ミッキー」)

お菓子で世界遺産のグラバー園をイメージして作りました。

『パリパリだんご』 平田 乙音(古賀小6年)

お菓子のごま団子のごまを皿うどんの麺に変えてみました。

『ビワづくしタルト』 北尾 依舞葵(西浦上小6年)

長崎名物のビワを盛りだくさんに使った5層のタルトをデザインしました。

『ステンドグラスメガネアメ』 脇内 佑眞(西浦上小4年)

ステンドグラスと眼鏡橋をイメージし、カラフルなべっ甲アメでメガネを作りました。

「2016シュガーロード長崎スイーツコンテスト子どもデザインの部結果発表!!」の関連記事

<前の記事【】 | 次の記事【】>