2014シュガーロード長崎スイーツコンテスト受賞作品をご紹介します

砂糖文化発祥の地である長崎の新しいスイーツを生み出すコンテスト、「2014シュガーロード長崎スイーツコンテスト」を開催しました。

長崎県内のシュガーロード沿道のまち、長崎市、諫早市、大村市のプロのお菓子職人、パティシエの皆さんから22作品がエントリーしました。長崎県産品を使った、長崎らしい作品の中から、見事受賞した作品をご紹介いたします。各受賞者のお店で販売していますので、ぜひご賞味ください!

「子どもデザインの部」では長崎市内の小学生に長崎市特産品を使った、長崎やシュガーロードをイメージしたスイーツを考えてもらいました。ユニークでかわいらしいスイーツの数々をお楽しみください。

創作菓子の部

長崎市長賞

『長崎 オマガリ にゃまがし』 井上 昌一(千寿庵 長崎屋)

 

長崎の尾曲り猫をモチーフにしたとても愛らしい和菓子。長崎産のみかん、びわ、いちじくを使用した餡が入っています。

3個セット1,080円

千寿庵長崎屋
長崎県長崎市新大工町4-10
TEL 095-822-0543
http://www.s-nagasakiya.com/

 

シュガーロード賞

『橙×2 ~the 出島~』 奥田 彩加(ANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒル)

長崎の出島をイメージしたお菓子で、人参、みかん、びわがそれぞれ3層になっているケーキです。

2015年3月31日までの期間限定販売!
380円

ANAクラウンプラザホテル長崎 グラバーヒル
ラウンジ トレビ
長崎県長崎市南山手町1-18
TEL 095-818-6601(代表)
http://www.anacrowneplaza-nagasaki.jp/restaurant/torevi/food.htm

 

長崎商工会議所女性会長賞

『長崎ゆうこうショコラトルテ』 船津 優穂(ホテルニュー長崎)

長崎の伝統柑橘である “ゆうこう”のマーマレードを使ったフワフワ食感のチョコレートケーキです。周りがチョコレートで覆われているデザインも魅力的です。

497円

ホテルニュー長崎ケーキブティック
長崎県長崎市大黒町14-5
TEL 095-824-4346
http://www.newnaga.com/restaurants/cake.html


諫早商工会議所女性会長賞

『温州みかんのミニクグロフ』 笹田 佑介(CAKE&CAFE 15TSUBO)

 

長崎のみかんを皮ごと煮こんだものをクグロフ生地に入れて焼き、クグロフの中央にはみかんジャムを絞り込み、みかんのマカロン、みかんのチップが飾られた長崎らしいみかんづくしの一品です。

2015年3月31日までの期間限定販売!
220円

CAKE&CAFÉ 15TSUBO
長崎県諫早市小ケ倉町628-4
TEL 0957-22-8708

 

大村商工会議所女性会長賞

『長崎街道大村宿 本陣 葛ようかん』 稲田 喜男(御菓子処 稲田製菓)

多良山系の水を使用した葛ようかんで、長崎のイチゴやゆずのようかんを二層に流して作られた、ぷるぷるしていながら、しっとりした和菓子となっています。

1本700円

御菓子処 稲田製菓
長崎県大村市杭出津2丁目762-5
TEL 0957-52-4290

 

全日本司厨士協会長崎県本部会長賞

『人参のめがね橋』 笹田 恵子(CAKE&CAFE 15TSUBO)

諫早の農家が丹精こめて作った人参を使い、めがね橋をかたどった長崎らしいケーキとなっています。人参嫌いの方もおいしくいただける様、少し濃い目のチョコクリームを使っているとのことです。

2015年3月31日までの期間限定販売!
320円

CAKE&CAFÉ 15TSUBO
長崎県諫早市小ケ倉町628-4
TEL 0957-22-8708

 

子どもデザインの部

長崎市内の小学生が考えてくれた、長崎やシュガーロードをイメージしたお菓子!

長崎市長賞

『つるの港ゼリー』 小田﨑 遥(稲佐小6年)

 

空から見ると鶴が羽を広げた姿に見えるため、「鶴の港」と言われる長崎港をお菓子にデザインしてくれました。

 

シュガーロード賞

『長崎ペーロンまるごとパイ』 宮原 幹汰(稲佐小6年)

たくさんの長崎のものがペーロンに乗った楽しいお菓子を考えてくれました。甘すぎる時には茂木びわなどのフルーツを食べるとスッキリして食欲が戻ります!

 

長崎商工会議所女性会長賞

『長崎教会カステラ』 奥田 彩恵(三原小6年)

世界遺産を目指す、長崎の教会をデザインして桃カステラに使われているすり蜜やカステラ生地、べっこうあめ、特産のびわをつかったデザインを考えてくれました。

 

優秀賞

『びわポテトチップス』 峯 友紀奈(稲佐小6年)

長崎のじゃがいもを使ったポテトチップスに、長崎のびわ風味のチョコレートがぬられた、とてもおいしそうなお菓子を考えてくれました。

 

『ちゃんぽん??いえいえスイーツです!』 小林 慶希(小榊小4年)

ちゃんぽんに見えますが、中身はみかんと生クリームが挟まれたスポンジケーキにチョコやゼリーが乗ったスイーツになっています。

 

『シュガーロードバームクーヘン』 竹下 紗希(諏訪小2年)

長崎、佐賀、福岡の3県にまたがるシュガーロードをお菓子にしてくれました。バームクーヘンのように3県がいつまでも仲良く助け合いながら交流できればいいなという思いもこめてデザインしてくれたとのことです。

 

『宝石の夜』 川内野 穂香(桜町小2年)

お家の窓から見える女神大橋と山の夜景を見ながら考えてくれたそうです。見た目を夜景にするだけでなく、本当に食べてもおいしいケーキを考えてくれました。

 

【お問い合わせ】
長崎市商業振興課 095-829-1150

「2014シュガーロード長崎スイーツコンテスト受賞作品をご紹介します」の関連記事

<前の記事【】 | 次の記事【】>