皇室に献上された自慢の銘菓「ひき茶ふりあん」

シュガーロードサイト管理者(2013年6月18日)

銘菓「ひき茶ふりあん」(120円)は、嬉野茶を生地に練り込んだ欧風焼き菓子です。
バターの風味と抹茶の香りが上手くマッチした逸品!2007年には皇室に献上された自慢の品です。
ひき茶のほかにコーヒー、チョコ、プレーン、玄米、嬉野紅茶、黒ゴマの7種類の味が楽しめます。

銘菓「ひき茶ふりあん」を生み出したのが、「末廣屋菓子舗」の富永正樹さん。
富永さんは日本菓子専門学校を卒業後、東京の老舗菓子店にて5年間の修業を積み、「末廣屋菓子舗」の3代目となりました。

昭和8年から嬉野市で菓子店を営む「末廣屋菓子舗」は今年で創業80周年。
80年の伝統に加えて、嬉野茶と嬉野紅茶を使用したスイーツを数多く製造しています。

銘菓「ひき茶ふりあん」のほかに、嬉野煎茶を使用した香ばしい味のマドレーヌ「茶ドレーヌ」(150円)や「うれしの紅茶のシフォンケーキ」(1,000円)が人気。
さらに、嘉東処紅羅[ガトーショコラ](150円)は、嬉野紅茶を使用したチョコレートと紅茶の香りがほどよくマッチしたお菓子で、地元のお客様に愛されています。

店 名:末廣屋菓子舗
住 所:佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿甲4059−1
電話番号:0954-42-0539
営業時間:8時00分~20時00分
店休日:第1、3水曜日
駐車場:7台