地元に愛される優しい甘さと軽い口どけの「ゆり菓子」

シュガーロードサイト管理者(2018年7月4日)

今回訪れたのは、佐賀の⼭間の豊かな⾃然の中にひっそりと佇む古湯温泉。その温泉街の中で1959 年に創業した「⽢泉堂 ⻲屋」さんの「ゆり菓⼦」です。

お話をお伺いしたのは、笑顔が素敵な2 代⽬ご主⼈「富増 真理(とみます しんり)」さんです。福岡市や佐賀市内の和菓⼦店・洋菓⼦店で合計約17年間修⾏をつみ、お店を継いだそうです。

笑顔が素敵な2 代⽬ご主⼈「富増 真理(とみます しんり)」さん

ゆり菓⼦はゆりの根を使った「らくがん」のようなお菓⼦ですが、軽い⼝どけが特徴です。そのまま⾷べると優しい⽢さで⼝の中でほろほろと溶けていきます。

ご主⼈オススメの⾷べ⽅は、あたたかい飲み物に溶かして飲むこと。お湯に溶かすとおいしいくず湯のできあがりです。⽜乳・コーヒー・しょうが・ごまなどを加えてお好みのアレンジを⾒つけてください。

ゆり菓⼦は、かつて富⼠町に⾃⽣していたオニユリの根が滋養強壮に効くとされ、それをお煎じて古湯温泉の旅館で湯治客にふるまわれていたのが始まりと⾔われているそうです。

ゆり菓⼦

店内では数種類の和菓⼦と洋菓⼦を販売しています。お店の外にはベンチもありますので、お買い上げのお菓⼦を⽊陰の中でゆったりと召し上がることができます。

「⻲屋」さんの軒先には創業前からお店を⾒守り続ける恵⽐須さまが鎮座しています。美味しいお菓⼦を⾷べた後は、やさしい笑顔で微笑む恵⽐須像にお参りをしてご利益を授かってはいかがでしょうか。

★その他のメニュー、商品、価格
かめシュー 110 円(1 個)

23年間レシピを守り続ける「かめシュー」は、年間24000個を売り上げる⼈気商品。

「⻲屋」さんでは、お菓⼦に使う素材にもこだわり、なるべく地産地消を⼼がけているそうで、かめシューに使⽤されている⼩⻨粉や卵も佐賀県産のものです。

さっくりとした⽣地の中にはカスタードクリームと⽣クリームをミックスした⽢さ控えめのクリームがたっぷり詰まっています。

かめシュー 110 円(1 個)

店名:甘泉堂 亀屋
住所:佐賀県佐賀市富士町古湯795
TEL:0952-58-2345
営業時間:9:00~19:00
店休⽇:不定休
駐車場:4 台