佐賀を代表する偉人、大隈重信が好んだ「鶴屋のマルボーロ」

シュガーロードサイト管理者(2012年9月26日)

日本人のほとんどが食べたことのある「マルボーロ」。
実は、佐賀の伝統的お菓子だということを知っていましたか?
佐賀出身で2度も内閣総理大臣を務め、早稲田大学の創設者としても有名な大隈重信も「ほかに比類少なき風味」と、気に入ったといわれている「鶴屋」の丸房露(マルボーロ)。

江戸時代3代将軍家光公のころ、寛永16年(西暦1639年)、鶴屋菓子舗は佐賀36万石の城下町に誕生。鶴屋2代目太兵衛が長崎の出島でオランダ人直伝の製法を学び、代々改良を加え、現代に受け継がれてきたのが「元祖 丸房露」。
鶴屋は、佐賀城主鍋島様から御用御菓子司を仰せつかり、そのお役目を懸命に努め、“佐賀城下の菓子屋”として370年以上、その「暖簾」を守ってきました。
今もなお、ご主人と職人の皆さんは、ひたすら「家業」の二文字に恥じない菓子づくりを志しています。

厳選した素材と昔ながらの製法でこつこつと手作りしている「元祖 丸房露」は、5個入り368円(税込)から。
佐賀の偉人”大隈重信”侯も愛した、たまご風味の飽きのこないおいしさをお楽しみください。
※10個入り735円(税込)、14個入り1,197円(税込)

増田店長は、ここ佐賀の地で創業以来、皆様に愛され親しまれてきました。
これからも、変わらずおいしいお菓子作りに精進いたし、皆様に愛され続けたいと話してくださいました。

店 名:御菓子司 鶴屋
住 所: 佐賀県佐賀市西魚町1番地
電話番号:0952-22-2314
営業時間: 9時00分~19時00分
店休日:なし
駐車場:有