ごま豆腐がスイーツ!? 長崎のごま豆腐は甘い!

シュガーロードサイト管理者(2015年4月7日)

皆さん、春ですね♪ 春の始まりにスイーツはいかがでしょうか?
今回ご紹介するのは、長崎県大村市にある「九一庵食品」のごま豆腐です!
「ん!?ごま豆腐!?」と思われる方、長崎ではごま豆腐もスイーツになるのです。
「長崎のごま豆腐は甘い」と言われます。

なぜか?

江戸時代、日本中で砂糖がなかった時代、オランダ・中国から長崎に豊富な量の砂糖が輸入されていました。
砂糖を使った料理が当時最大の「おもてなし」といわれた時代にごま豆腐にも砂糖が使われ、甘くなっていったと言われています。

また、長崎のごま豆腐にはもう一つ特徴が。

「茶色」です。

いりゴマを使い、ごまの風味と茶色を出すのが特徴。
長崎のごま豆腐は甘く、ごまの風味と茶色が特徴的でお菓子として食べることも多いのです。
実は長崎県内でもごま豆腐は3つのスタイルに分かれています。

長崎市・諫早市・大村市の長崎街道・シュガーロードが通る地域で多い「そのまま食べる」スタイル。
そして、島原地域では、甘い味噌だれをかけて食べる「味噌だれがけ」スタイル。
最後は佐世保など県北地域では醤油をかけて食べる「醤油がけ」スタイル。

ミネラルを多く含んだ多良山系の名水の地から吟味した原料で造り上げたごま豆腐スイーツのやさしい甘さに、にやみつきになること間違いなし!ぜひお試しください♪

九一庵食品のごま豆腐ができるまで

  1. ごま(いりゴマ)
  2. ごまをつぶす
  3. 水・ごま・砂糖・でんぷんなど混ぜる
  4. 大きななべで約95度、30分間温める
  5. 型枠(かたわく)に流し込む
  6. 約1日冷やす
  7. 切って、パックに入れる
  8. できあがり!

九一庵食品では、工場見学も行っています。
工場見学では「おいしい豆腐選びのコツ」と「長崎のごま豆腐はなぜ甘いのか」をテーマにお客様にお話ししています。
工場で造られた豆腐・ごま豆腐のご試食をしていただき、そのおいしさを実感してみては?

シュガーロード独特の甘~い文化がお豆腐の世界にも!
大村にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください♪

店名:九一庵食品協業組合
住所:長崎県大村市東大村2丁目1808-1
電話番号:九一庵食品協業組合 0957-52-0900
【URL】http://www.kyuichian.com/