商業高校のクラブと洋菓子店が共同開発!「出島クーヘン」

シュガーロードサイト管理者(2015年2月16日)

今回ご紹介するのは、市立長崎商業高校の商業クラブと地元の洋菓子店「ボンソアール」が共同開発し、昨年12月に発売したお菓子「出島クーヘン」。

「出島クーヘン」[160円(税別)、6個入り1,000円(税別)]は、長崎らしさをテーマに同クラブが初めて企業と商品開発に挑み、約半年間かけて商品化した努力の結晶です。

名前の通り、長崎を代表する史跡「出島」をイメージした扇形で、プレーン味のバームクーヘンをホワイトチョコでコーティング。

しっとりとした食感がたまりません♪パッケージは、長崎とゆかりの深いオランダを連想させる赤・白・青の3色を配色。箱のデザインも長崎のお土産にぴったりです!

協力した「ボンソアール」の草野一夫社長は、シュガーロード連絡協議会のメンバーで、長崎県洋菓子協会の副会長を務めています。

平成25年度からタッグを組んで、同クラブの指導にあたっている顧問の中村等先生と林伸治先生から開発秘話をお聞きしました。

「ボンソアール」の取引先である、大阪のパッケージデザイン会社の方と会議の場に同席。直接話をする機会を設けていただきました。そして、生徒の意見やアイデアなどをしっかりと尊重していただき、立派なパッケージを作成していただきました。

その熟慮を重ねたデザインが出来上がり、これに決定しようというまさにその時、似たようなパッケージデザインが他社の商品の中に存在することを発見!!

急きょ連絡を取り合い、デザインの変更をお願いすることになりました。
その後、完成したのが現在のデザイン。

また、商品開発にあたり、保護者や先生方にもアンケートへ協力していただきました。

顔見知りだからこそ、遠慮のない正直な意見や感想を数多く収集することができたとのこと。加えて、同高の松尾博臣校長へも講義をお願いしたり相談にのってもらうなど、多大な理解と協力があったそうです。

「出島クーヘン」は、開発に携わった皆さんへの感謝に包まれたお菓子に仕上がっています。
「出島クーヘン」は「ボンソアール」本店をはじめ、アミュプラザ店など各店で販売しています。

店  名:手作りケーキ・焼菓子専門店 ボンソアール
住  所:長崎県長崎市音無町6-7
電  話:0120-496-930
     095-849-6910
営業時間:9:00~20:00
店休日:木曜日
駐車場:5台
U R L:http://nagasaki-bonsoir.co.jp/