しっとりとやわらかな餡が味の決め手「栗饅頭」!

シュガーロードサイト管理者(2013年11月16日)

「栗饅頭は、湖月堂」。福岡県北九州市ではこの言葉に象徴されるように、明治時代から今日までの長い間、地元の人々に愛される「湖月堂」の代表銘菓「栗饅頭」を紹介します。
日清・日露戦争の戦勝に沸いていた当時、縁起がよいといわれた勝栗を饅頭の中に入れた「栗饅頭」が大変好評だったそうです。

そのような歴史のある「栗饅頭」(105円)は小判型をしており、表面を艶やかな栗色に焼き上げています。
味の決め手は舌の上でポロリと崩れる餡、上質の白い小豆を使った餡の中に刻んだ栗を入れるのが特徴です。
現在、栗は『むき栗』を蜜漬けしたものを使用。かたち、色、食感を大切にする独自の製法は、創業以来守り続けられています。

「湖月堂」本店は明治28年、菓子職人・小野順一郎の手によって誕生。店舗は創業時とほぼ変わらず小倉の地で営業を続けております。
お客様が商品を手に取り易くするように間口を広くしたレイアウトの店舗です。3階には、甘味と食事ができる『喫茶去』があります。
目抜き通りにありながら、300席程のゆったりとした和の佇まいの中で季節のデザートのほか、洋食メニューも楽しめます。その喫茶で作ったお持ち帰り用の白玉ぜんざい等もお店で販売しております。

そのほか、渋皮つきの栗を丸ごと一つ包みこんだ「一つ栗」(241円)や厳選された赤小豆を甘さ控えめに練り上げ、パイ生地で包み込んだ「ぎおん太鼓」(こし・粒・栗/136円)、「どら焼き」(黒餡・白餡/136円)も人気です。

店  名:湖月堂 本店
住  所:福岡県北九州市小倉北区魚町1丁目3-11
電話番号:093-541-0961
営業時間:9時00分~20時00分
店休日:無
駐車場:無
URL:http://www.kogetsudo.com/