日本の食を発展させた砂糖文化

現在の食文化の基になったシュガーロード

長崎カステラ製造の様子

長崎街道は、幕府直轄地(天領)の他に、佐賀・大村・対馬・福岡・小倉と、5つの藩の領地を通るルートです。

長崎街道沿いの各藩では中国と関係の深い黄檗宗の寺院が多く、これらの寺院にも長崎と同じように多くの砂糖がもたらされます。

明治以降、砂糖の普及は著しく、わが国の食文化に一大変革をもたらしました。

この砂糖により、各地にさまざまな甘いお菓子が生まれていき、今現在も大量に生産され、名産となっています。