砂糖、海を渡ってやってくる

天ぷら、カステラの製法も長崎へ

『南蛮人来朝之図』長崎歴史文化博物館収蔵

『南蛮人来朝之図』長崎歴史文化博物館収蔵

奈良時代に日本に初めてもたらされた砂糖は大変貴重で、喉の薬として珍重されるほどでした。その砂糖が広く日本に広まりだしたきっかけが、16世紀のポルトガルとの貿易です。

砂糖が貿易で輸入されるようになると、同時に「天ぷら」などの南蛮料理や、「カステラ」「金平糖」などの南蛮菓子の製法も長崎に伝わり、独自の発展を遂げていきました。